紫外線は肌トラブルの大きな原因

肌トラブルの原因になるのは、毎日浴びる紫外線が関係しているので、対策を講じる必要があります。若いうちはにきびトラブルが多いですが、これは若いころはホルモンの関係上オイリー肌になりやすいためです。

年をとると、皮膚の新陳代謝が十分に行われてなくなって、古い皮膚が毛穴を塞ぎ、にきびができやすくなります。この他、肌のしみ、しわ、そばかす、くすみや、乾燥肌などが挙げられるでしょう。肌トラブルを引き起こす要因は人によって異なりますが、生活リズムや食習慣、精神的ストレスなども関わっています。

その中でも特に重要なものが、紫外線による肌への影響についてです。紫外線は生活するうえで必ず浴びるもので、どんなに日焼け止めを塗っても、完全に日焼けを防ぐことは難しいものです。首から上は露出していますので、隠しようがなく、紫外線の作用を受けてしまうものです。太陽の光に含まれている紫外線は、肉眼で見ることはできませんが、皮膚の乾燥を悪化させ、しわやしみの多いお肌にしてしまうという作用があります。

紫外線の強烈な光が肌細胞によくない作用をもたらしそうで、シーズン中は日焼け止め使用が欠かせません。健康的な生活を意識することで、肌トラブルを予防することが可能です。肌トラブルはしみやしわが多くなるだけでなく、乾燥肌によるかゆみやかさつきも悩みの種ですので、紫外線対策は万全を期しましょう。

アヤナスのクリームでトラブル肌をケアしよう

コメントを残す